KNOWLEDGEHOME > 建築豆知識 > 【第1回】地盤について
建築豆知識

建築豆知識

注文住宅を建てる際、家族みんなが快適に、そして安全に暮らせるために知っておきたい建築についての豆知識をご紹介します。

【第1回】地盤について

今回は地盤についてのお話です。
地盤の性質による代表的なトラブルに、軟弱地盤での地盤沈下があります。見た目では同じように見える土地でも、場所によっては「不同沈下でせっかくのマイホームが傾いてしまった!」などということも…。そのようなことがないよう、地盤を調査し事前に対策を立てることが大切です。

不同沈下が起こりやすい軟弱地盤は、「もともとの地盤の性質に起因するもの」と「人工的に改変したため起きるもの」とに分かれます。後者は精度の悪い造成による盛土、埋め戻しなどが原因であったり、また、近隣の造成工事による地下水のくみ上げなどが原因で起こる場合もあります。

では、傾いてしまった家がおよぼす影響とはどのようなものがあるのでしょうか?

しばしば見られる影響としては、外壁に亀裂が入る、出入り口のドアが開かない、雨水の浸入による建物の腐食などがあり、建物以外にもさまざまな問題が起こります。なかでも、床の傾きなどによる精神的なストレスから来る体調不良は、大変深刻な問題です。

不同沈下とは

建物が均等に沈下するのではなく、不揃いに沈下すること。不揃いに沈下するということは、建物の水平・垂直部分に歪みが発生し、建物自体のバランスが崩れてしまいます。建物が大きなダメージを受けることは避けられません。

地盤調査について

地盤調査方法には、ボーリング、サウンディング、平板載荷試験、室内土質試験などがあります。地盤の状況や建物の規模によって、ひとつの、あるいは組み合わせによる方法を選択します。

一般的な戸建て住宅の場合には、スウェーデン式サウンディング試験が広く用いられています。この試験は、比較的浅い軟弱地盤に適していて、鉄の棒(ロッド)の先端に円錐形をねじったようなスクリューポイントを取り付け、地盤への貫入しやすさから地盤の強さを判定する試験です。また、もう少し規模の大きい建物の場合は、ボーリングと標準貫入試験を併用した方法がよく用いられます。

地盤調査について サウンディング調査

サウンディング調査

ボーリング調査

ボーリング調査

判定の結果が軟弱地盤だった場合の対策としては、ベタ基礎などにより基礎の沈下を均等化させる、地盤を良質地盤に改良する、強い層まで杭を打設するなどの方法があります。
最近とくに多用されているベタ基礎は、経済的でもあり、確かに布基礎に比べると頑丈で軟弱地盤対策として有効な基礎です。しかし、自重が重い分だけ沈下量も増大しますし、傾斜地などではかえって不同沈下の原因になることもあるので、何でもかんでもベタ基礎というのは間違いです。

 

いずれにしても、大切な我が家を支える地盤ですから、きちんと専門家に相談して地盤に適した方法を選択するべきでしょう。

次回の建築豆知識は、シックハウスについて予定しています。

バックナンバー


株式会社横山建築事務所|Copyright(C)2007 YOKOYAMA ARCHITECTS OFFICE. All rights reserved.
〒662-0978 兵庫県西宮市産所町3-4 TEL:0798-33-3115 FAX:0798-34-4452

プライバシーポリシーリンク集・リンクについて